One of thesedays 62

うまくいかないことがある。できないことや、結果が望ましくない場合がある。

壁画プロジェクトの企画に対して返事が来た。「ノー」だった。予算が折り合わなかった。プロジェクトのためにスケジュールを調整してもらった大黒くんに申し訳なかった。大きな予算を提案してしまった先方に申し訳なかった。

予算はどれくらい掛けられるのか質問は最初にしたのだけれど、分からないからそっちで決めてくれ、と言われた。何にせよ残念な気持ちになった。

そこに林業家の古川さんから電話が来た。
「ノリオくん。ブログ読んだよ。絵本を描きたいって記事。絵本のイベントやろうよ。俺も書きたいし、子供たちにも描かせたいし」

 

絵本をつくりたいと思っていた。絵本は、シンプルで道徳的で、絵と短い文章でできているから、何かの結晶だと思う。自分にとってのその何かを抽出したい。生きることはシンプルなのに、人生は複雑になるばかり。

まず絵本のイベントの企画書をまとめて古川さんに送ることにした

午後は、アトリエにしている小学校のサインをつくった。依頼されている海の絵を描いた。

夜、自分が望んだことの多くが叶っていると感じた。それで不足を感じている。満たされているから、不足している。満たされているから、減らすしかない。生活のリズムを整えよう。先人達の教えを思い出す。そうやって自分自身をチューニングする。

生まれ変わるときだ。きっと6月生まれだから、5月の終わりに死ぬんだ。そして生まれる。増やすのではなく、減らすこと。つまり、研ぎ澄ますこと。やりたいことは分かっている。生活と芸術。シンプルに。