檻のような社会から脱出し大空を飛ぶ自由な鷲になる

ぼくは芸術家になった。40歳を前に退職して妻と二人で表現することを職業にすると決意して、7年が経って、ぼくは妻と二人で関東の最北端、北茨城市の山のなかの集落に生活環境をつくった。3年前に北茨城市が芸術家の地域おこし協力隊を募集していて、それがきっかけでこの土地に出会った。海があって山がある。3年間の活動を経て、東京生まれがいわゆる地方の田舎に暮らしている。

社会について言葉にするとき、あまりにも大きな状況があり過ぎて、共通認識としての「社会」を定義することが難しい。ぼくの活動の中心軸は社会に対抗している。抵抗ではない。けれども従う訳でもない。ここでは、社会が常識的に要求する数多くの「しなければならないこと」、例えば、働くこと、お金を稼ぐこと、住むこと、食べること、何かしらのコミュニティーに属すること(家族だったり学校だったり会社だったり、地域だったり)、生きていく上でのそうしたデフォルト(初期設定)について話したい。そしてデフォルトを書き換えることを提案したい。

子供であれば学校に行かなければならない、高校に行かなければならない、大学に行かなければならない、大人になると就職しなければならない、こうした要求が社会から突き付けられる。全員分のイスが用意されていないので当然、競争になる。良い学校に進学する。良い会社に就職する。なんとか社会の中にイスをみつけて腰掛けるようになる。

けれども、社会が用意するイスに座りたくなかったら? そこに自分が欲しい未来がなかったら?

ぼくはずっとそうだった。そもそも競争が好きではなかった。もちろん負けるからという理由もある。それに対して努力しないというのもある。そもそもなぜ競争するのか、それが心の奥で納得できなかった。中学生の時に音楽に出会って、社会の要求とは別の何か自発的な表現に触れた。それを「居場所をつくる表現」だと今なら名付けることができる。

だから、ぼくは「居場所をつくる表現」なら何でも好きで、音楽体験や読書、漫画やアニメ、映画、ペインティングや彫刻、インスタレーションなどのアート、様々な表現を楽しみ、過去の表現者たちのやり方を学んで、いくつか自分でもやってみた。表現者たちのメッセージを現実世界に表現したかった。だからなんでも吸収して、その表現はカテゴリーの枠を超えて、あちこちに散らかっていった。音楽をやったり、絵を描いたり、小説を書いたり。あるときは何がやりたいのか分からないと言われた。何かにしたいとは思っていなかった。未だ触れらていない未開の領域をみつけて、そこに表現を置いてみたかった。それは随分、奇妙なモノだったのかもしれない。

まずは自分の想像するモノをカタチにすることからはじまる。何でもいい。自分を動かすことが表現だ。動くのは自分。自分を思い通りに100%動かすことができれば金メダルを獲れる。スポーツであれば。けれども、それでは競争になってしまう。勝ち負けが生まれてしまう。それは気持ち悪い。だから、勝手に種目をつくることにした。ぼくは「生活芸術家」になった。そういうジャンルをつくった。生きていく上でのルールを書き換えて社会に参加している。こっそりと。価値観を初期設定から更新して競争のない領域に生きている。

・住むこと
屋根があって床があって壁があればいい。廃墟を改修して、できるだけお金が掛からないようにした。家賃はゼロ円。薪で火を焚き、井戸水。トイレはコンポスト。電気代だけ。

・働くこと
思想家ハンナアーレントは人間の活動を「労働・仕事・活動」に分類する。労働とは生きていくために、つまり食うために働くこと。仕事とは、自分という人間の表現を創造すること。時空を超えてその足跡を残すために。活動とは自分も含めて多数の人のためにできること。この分類を取り入れている。お金を稼ぐことを課題にしていない。

・収入
芸術家=作品をつくって売る+集落支援員。いま暮らしている限界集落の行方を見守る仕事。月給20万円+α

・食べること
耕作放棄地を畑にして少しづつ食べ物を作っている。それよりも近所の人たちが野菜や米をギフトしてくれている。たまに買い物をして、今あるものを食べている。

・居場所
北茨城市が「生活芸術」というぼくの考案した活動を理解してくれ、ここに暮らして活動すること自体を仕事にしてくれた。そんな奇跡もある。ぼくの居場所は、この限界集落北茨城市、ぼくたち夫婦の活動を楽しんでくれる人たち。それがぼくの所属するコミュニティーになっている。暮らす土地を提供してくれているお婆さんとぼくら夫婦はまるで家族を演じている。食事や空間をシェアする仮想家族とも言える。

ぼくは妻と二人で活動するときの名前を「檻之汰鷲(おりのたわし)」と名付けた。「アートのチカラで檻のような社会から大空を飛ぶ自由な鷲になる」という意味だ。名前をつけたのは2002年のことだ。20年も前になる。それだけ続けると、それだけの説得力が生まれる。目的は勝つことではない。賞を獲ることでもない。生きることだ。生き延び死ぬまで続けていくこと。

実は、社会にはこれだという答えは存在していない。すべての人が模索している。学者だって研究しながら問い続けている。けれども何もしなければ圧倒的なまでのこれだという常識の波が人生を飲み込んでいく。多くの人は、その中に自分の居場所をみつけることができる。それもサバイバルだし素晴らしいことだ。けれども、仮にそうでなかったとしても、自分が信じる小さなモノを育てていけば、居場所はみつかる。ぼくにとっては妻がそうだった。ぼくの表現を評価して背中を押してくれた。そうやって少しずつ理解者が増えていけばいい。

お金持ちでも貧乏でもないし、忙しくもないし暇でもない。毎日、楽しく、したいことに溢れていて、食べ物の心配がない。家があって暑さや寒さから身を守ることができる。ここには競争もないし奪い合もない。大きくもならないけれど、かと言って遠慮して小さくなる必要もない。等身大の自分が生きていける場所。

ぼくがいまいる場所から俯瞰すれば、「住むこと、働くこと、お金のこと、食べること、居場所」この5つについて検証して、再構築していけば、誰もが、そうできると想像している。もちろん、それを望む人がいるなら。だから、この領域に名前を付けて、どうやったら辿り着けるのか、それについて書きたいと思う。

f:id:norioishiwata:20201023080220j:image

新しいサインをつくった。

檻から飛び立つ鷲が見えるだろうか。

行動日記ー自分がしたことに今現在があらわれる。

2020年10月16日(金)
朝起きてパンとコーヒーを食べた。そのあとストレッチ。手足の先まで伸ばす。最近は姿勢をつくるために座禅している。身体と向き合うのが課題。腹筋と腕立てをする。今日の草刈りに備えて道具の手入れをする。草刈りの歯を交換する。9時。市役所勤務の地域住人が集合。耕作放棄地を整備して菜の花の種を蒔く準備をする。6月に草刈りしてそのままになっていたところはセイタカアワダチソウが伸びている。田舎は放っておくと草に覆われる。草をまめに刈っておくと美しい。どこもが庭のようになるだろうけどそんな時間はない。(時間がないとはどういうことか)

草を刈っていると夢中になって、植樹した桜の苗まで切ってしまいそうになる。桜の苗をみつけては絡まった蔦を取り除く。次第に救出している気分になる。待っていろ。いま助けにいく。そうやって草を刈ってたどり着いた苗のいくつかは折られてしまっていた。少しずつ桜を育てることに親しんできている。植木屋でも造園屋でもないから、経験しながら理解する。

お昼は廃墟の家の倉庫にテーブルを並べてお弁当を食べた。市役所のひとたちと耕作放棄地がどうなっていくのか話した。60代より下の世代は畑や田んぼに興味がない。北茨城市は、専業農家ではなく本業を持って、食べ物をつくっている家が多い。そういう生き方が、これから価値を持っていくことになるだろうけれど、今は失われていく状況にある。過渡期にある。だからいま目の前のことを記録している。実は過去でも未来でも考えたことでもなく、一日のなかでしたこと(行動したこと)に価値がある。

午後も引き続き草刈り。廃墟の家の前から炭窯まで道をつくる計画がある。その道をどう通すのか相談した。ひとつは木を伐採して歩きやすい道をつくり、ひとつは桜を植樹した小さな丘を越えて炭窯へ至る道。春になると廃墟の家から炭窯までの途中に菜の花が黄色のカーペットのように咲く計画。丘を越える道は自分でつくることになった。

夕方草刈りが終わって、街まで買い物へ。クルマで20分。週に一回か二回買い物をしている。なんだかんだ、食べ物や飲み物の差し入れがあって買い物が少なくて有難い。

帰宅して薪風呂を沸かした。ここ数日は温度が引くかったので多目に薪を入れた。風呂を沸かしているあいだ、チフミは夕飯をつくってくれた。スーパーで買ってきた豚肉を、近所から貰ったナスと炒めた。毎日料理してくれる。自分はほとんどやらない。たまに洗い物ぐらいする。

夜は音楽が聴きたくてずっとプレイリストをつくった。60年代のホームパーティーというコンセプトで選曲して、歌詞を調べながら聴いた。50年代のロックンロールのコレクションから聴き直して、新しいのやらいろんな派生した音楽を並べた。ロックンロールやR&Bが海を越え世界中に拡散した。なかでもカリブの音楽は、ローカルの音楽と融合して、スカやレゲエを生み出した。

音楽がキノコとの類似性を辞書で隣にあるmusicとmushroomから導き出したジョンケージは無音を演奏する曲を作った。ケージのその発想は、鈴木大拙が西洋に紹介した禅からインスパイアされたと語っている。

ぼくのルーツはここにある。音楽を聴き漁っていく行為のなかに、未だ知らない音を求めていくうちにジョンケージを知り、それが禅やマルセルデュシャンの便器へと繋がって、興味は芸術へと広がった。まるで川を下っていくと海に出たように世界が広がった。

だから音楽を聴く作業は、未だ言葉にできないけれど、その行為のなかに自分を作ってきた核がある。

 

何でもない1日の記録。

f:id:norioishiwata:20201015201647j:image

出来事を書く。朝起きてコーヒーを飲んでパンを食べた。チフミが作ってくれた。そもそもチフミに起こされた。7時30分。今日はサーフィンに行かなかった。昨晩はnetflixでハンナアーレントの映画を観ようと思って検索したらもう消えていた。変わりに「カリフェイト」というスウェーデン産のドラマを観た。全部で8話、一気に観てしまった。面白い作品だった。寝たのは夜中3時だった。

朝食のあと、やることをチフミと打ち合わせした。土手の整備。側溝の泥を掻き出し。からし菜の種を撒く。桜山の整備。ハス池の草刈り。炭窯の草刈り。薪割り。焼き物窯づくり。土器づくり。裏山の山道の開拓。海の絵を描く。途中の絵を完成させる。作った紙にコラージュする。猫のオブジェつくる。土器づくり。雨樋をつける。アトリエのひさし屋根をつくる。周囲の木の伐採。書き出してスッキリした。年内にできたらいい。可視化すればあとはやるだけ。

f:id:norioishiwata:20201015201722j:image

まずは土手の整備から。側溝の泥を出してみると重労働。半分やってみて、この泥を焼き物窯づくりに使うことにする。掻き出すと雨に流れてしまうので保留に。次は薪割り。木をチェンソーで切ってそれを斧で割る。去年植木屋さんが置いて行った木の山がなくなってきた。

お昼はチャーハン。サラダにニンジンをスライスしてオリーブオイルと醤油とラー油と塩で味付け。

f:id:norioishiwata:20201015201742j:image

午後はチフミは土手の整備。自分は薪割り。3時ころ、木工やチェンソーの使い方を教えてくれた師匠平さんが来る。真菰ダケを差し入れしてくれた。平さんは来年、真菰ダケをハス池に栽培してみたいと話した。コーヒーを淹れておしゃべりしていると、この土地を貸してくれている澄子さんことスミちゃんが来る。米を運ぶから手を貸して欲しいと誘われて家に行く。

お米25体が届く。1体30kgを部屋に運ぶ。御礼にと魚屋に配達してもらったマグロとカツオの刺身と新米の夕飯ご馳走になる。帰りにお米を一体貰った。

6時過ぎお腹いっぱい過ぎて、苦しくて、薪風呂を沸かした。待ちきれずぬるいまま入りチフミに追加で沸かしてもらう。

書き忘れた。朝に「生きるための芸術3」の製本印刷会社に入金した。早い仕上がりで26日に届く。便利な世の中になった。

まったく1円も使わなかったうえに、お米30kgと真菰ダケ、夕飯を頂いた。お米をもらうって素晴らしい。何か祝福を感じる。

f:id:norioishiwata:20201015201754j:image

いま夜8時。これを書いてもう寝ようかと思っている。ハンナアーレントの本は何か買って読んでみたい。DJ Tasakaの新譜も注文したい。など欲しいモノを考えたり。

 

 

 

ますます抽象的になって より美しくより適切になる

f:id:norioishiwata:20201003053829j:image

あまりに早く目が覚めた。深夜2時。波乗りのために5時に目覚ましをかけていたから、起きることにした。昨日も波乗りに行った。南風で波が良さそうだった。午後一で海に着いた。波は大きかったし数も多かった。実際に海に入ってみると、さらに波は大きかった。パドリングで波の向こう側へ行こうとしても押し流されてしまう。やっと波の向こうへ出るとすぐにうねりがやってくる。タイミングを合わせて、パドリングするも、波のトップから転落する。たぶん、ここで着地できれば違っていたんだと思う。ところが波に呑まれて、また浜へ押し流された。場所を変えて、それぞれ一時間づつ海に入った。海から上がって休んでいると、市役所の知り合いの人がクルマで通り掛かって、ちょうどよかったと打ち合わせがはじまった。

桃源郷づくりの森林の伐採や道をつくる計画について話した。木を伐るのは秋冬だから、これからがシーズン到来のようだ。

f:id:norioishiwata:20201003053902j:image

海から帰ってきて、風呂の小屋の隙間をトタンで塞いでいると、木工の師匠、平さんが遊びに来た。コンクリートにおが屑を混ぜた器を薪風呂で焼いてほしいと頼まれていた件がどうなったかを楽しみにしているようだった。けれども平さんの器はいとも簡単に砕け散っていた。そのことを話すとやっぱりと言った。とくに残念そうでもなかった。

数日前に上妻世海という若き思想家のトークyoutubeで観た。とても難しい話を丁寧にかみ砕いて伝えようとしていた。話の中で「正解や答えのないことに取り組むことは仮説と検証の繰り返ししかない。それに対して答えはあってそれに向かって取り組むことには正解と失敗がある。」という話をしていた。

サーフィンをやることには、正解がある。僕程度のレベルでは。けれどもあるレベルを超えていくと正解や答えのない領域に到達する。そこからは創意工夫で自分のサーフィンがはじまる。平さんがコンクリートにおが屑を混ぜて焼くことは、正解や答えがなく焼いたらどうなるか、という仮説を検証している。

自分は正解がないことに取り組むのが好きだ。身の回りを見渡してそこにあるものから着想を得て、生活をつくることや作品をつくることは、まさにそういう取り組みで、他にやっている人もいないから、すべてが冒険になる。遊びだとも言える。実験だとも言える。要するに誰も取り組んでいないことは、何とでも言える。つまり自由だ。

ぼくは40歳を前に会社で働くことを辞めた。つまり独立して生きていくことにした。芸術家として独立する方法もやり方も分からなかった。これも正解がないことへの取り組みだった。まずは家に関するコストをゼロにすることを思い付いた。7年前だ。ボロい空き家を改修して暮らせば家賃が安くなると考えた。ついに昨日、改修してきた廃墟の家の内装が完成した。同時に家賃も土地代もなくなった。水は井戸から汲んでいる。調理は薪ストーブ。(夏はカセットコンロを使っている)。電気は通した。便利だから。風呂は薪風呂、トイレは蓋つきのバケツにうんこをしておが屑と腐葉土をかけるコンポスト。こんな具合に、便利と不便を組み合わせて、適度にお金の掛からない暮らしをつくった。

家賃を払わない代わりに自由な時間が手に入る。そういう時間を家の改修やアート制作、今年はサーフィンに費やしてきた。

f:id:norioishiwata:20201003054058j:image

それでも正直なところ、たまに不安になることがある。望んでいた自由であることが不安になる。周りを見れば、みんな規則正しく働いている。ちゃんと働いている。そうしないことは悪いことだと教育されてきた。たまにそのマインドが発動して不安になる。だから自由になっても、自由な自分をコントロールする必要がある。そうしないと「ちゃんとする」の圧に負けてしまう。だから自分をコントロールする技術を磨くためにスポーツをする。自由に生きることと身体を思い通りに動かす技術は通じている。正解があることと正解がないことも表裏一体で、水面下でその両方を行き来することができる。基礎が分かるというのは正解に向かって取り組むからで、だからこそ、そこから外れても戻ることができる。そうやってはじめて遊ぶことができるようになる。

家について取り組むようになって7年。アートで生きていくと決意して9年。身の回りの自然のエレメントを駆使して作品をつくろうとして数カ月。何かをカタチにするには6年ぐらいかかるのかもしれない。

あまりに早く起き過ぎたので陶芸家バーナード・リーチの「陶工の本」を読んでいる。

原始の模様の多くは、完全に抽象的であるように見えるが、それにも関わらず、かかる伝統の模様の大部分に、叙述、文学、あるは象徴上の起源があることは真実である。そのうえ、長期にわたって、同じ模様を絶え間なく繰り返す結果、説明の要素は徐々に失われ、ますます抽象的になっていく調子がそれに代わるが、これはしばしばその目的によって、より美しく、より適切なのである

説明の要素は失われ
ますます抽象的になって
それでもその目的によって
より美しくより適切になる

そういう作品を目指したい。

f:id:norioishiwata:20201003054028j:image

海に行った。荒れててサーフィンはしなかったけど日の出が美しかった。

理想の暮らしの次に展開すること。

正直な言葉がいい。今朝起きて波乗りに行った。まだ秋のはじまりで、それほど寒くない。南風だと波が良いと理解していたけれど、どうもそういうことでもないと分かって、天気が良い日は、毎日、海の様子を見に行くことになった。

家から海まではクルマで20分ほど。クルマを停めて海が見える瞬間まで、どういう波なのかワクワクする。今日の海は少し荒れていて、おまけに波が大きかった。海に入って波に向かってパドリングしたけれど、到底、自分の力量では乗れる気がしなかった。自然は、ときに途轍もないエネルギーを巻き起こす。乗りこなせないから小さな波で少し遊んで帰ることにした。

身体と精神は繋がっていると感じる。ストレッチをするとき、手足の先に感覚を持っていく。自分の身体の隅々まで感じるようにしている。身体と向き合うことをどこかで習った訳ではないけれど、30代になって運動するようになって自然にそうするようになった。

「生活をつくる」という活動が続いていて、廃墟の改修もいよいよ完成に近づいている。もはや、他人から見たらもう完成しているのに何をやっているのか、という領域だけれど「神は細部に宿る」という言葉もある。慌てて仕事を終わらせても、対価のある頼まれ仕事でもないから、丁寧に自分が納得するまでやった方が、のちに残る仕事になる。一度完成した仕事にもう一度手をつけることは滅多にない。だからやれるときにとことんやった方がいい。

今、注目しているは土器だ。googleで「世界の土器」で検索している。人類の活動のなかで、土器の発明と創造は、人間に表現するチカラを与えた。文字はもっと根源的な表現の発明だっただろうと思う。そうやって現在の人間が駆使している能力の源流を辿るのが面白い。

理想の生活をつくって、いよいよ何をしてもいいという状況になって、自分が向かっているのが「ファンタジー」で驚いた。そもそも小説を書こうとして、アート作品をつくるようになった。小説はどれだけ想像世界を構築できるか、という遊びだった。フィールドは頭の中にあるから、永遠に広げていける。これもまた危険な遊戯だ。

もし小説を書くなら、かなりコントロールして取り組む必要がある。そもそも、これがお金になるなんて程遠い話でもある。まあ、と分かっていても、やりたくなったらはじめてしまうのだろう。家の改修もサーフィンもお金になる仕事でも何でもないのだし。

「生活をつくる」という活動は、人類必須の科目だと思っている。ひとりひとりが理想の生活を手にすることができれば、世界はずっと美しく住みやすくなる。理想と向き合ったとき、人はそれほど多くを望まなくなる、と思う。実際には訊ねて歩いた訳じゃないから、どうなんだろうか。

自分が生活をつくることに成功したら、きっと多くの人が同じようにやると思っていた。少しの努力をすれば、ライフタイルをつくり変えることができる。それは夢を実現させることでもある。ところが、それほど自分を変えるという欲求を持っている人は多くない。不満を抱きながらも現状に居座ってしまう。少しでも自分のしたことを、そのよかったところを人に伝えたいと考えて本を書いた。出版に向けて準備をしている。

まあとにかく大真面目に生きている。中途半端はよくないから、このまま突き進もうと思う。ドキュメンタリーよりも、ファンタジーにした方が伝わりやすいと考えている。一周回って、本来やりたかったことに戻ってきた。惑星は回転しているのだから、あらゆることも回転しているのかもしれない。自分を中心軸に回転すれば、何事にも振り回されない。

SYNBIOTE(共生生物)/湖を赤く染める。

思い通りになることは何もない。唯一、思い通りにできるのは自分自身ぐらいだ。その自分すらも思い通りにするには、訓練や技術やテクニックが要求される。

もし思い通りになっていると感じるのであれば、それは周りの環境に対して思い通りになるように働きかけているからだ。

夢を見た。湖を赤く染める仕事だった。いつもは妻チフミとチカラを合わせて仕事をしているけれど、この仕事には協力してくれなかった。チフミの協力は、チフミの想いによって行われていて、ぼくには何の強制力もない。湖の色を変えるのは、自然を人間の思い通りにする企みだった。何か染料を投入すれば色は変わるけれど、それによる環境汚染が懸念された。夢のなかで思い通りになることは何ひとつなかった。

ぼくはいまの暮らしに自由を感じている。けれども、これは自由というよりも、まわりが思い通りでいられるように働きかけていると再確認した。あるものを受け入れることによって自分も受け入れてもらう。

数日前に英語の勉強で映画VENOMを観た。自分の語学レベルからして、分かりやすい映画だと英語で見ることができる。「SYNBIOTE(共生生物)」という単語を知った。

人間は何かを思い通りにしようとする。そのエネルギーを共生に変換してみると、いろんな物事がスムースに運ぶように思う。

ぼくは夢の中で、湖が夕焼けに染まって赤くなるのを一時的だけれど、赤くなったとクライアントに報告した。当然、そんなことは社会に通用せず、なんとしても湖を赤くしろと再度、命令された。湖も人間も思い通りにはならないのに。

大切なものは何か。信じることはチカラを持つ。

f:id:norioishiwata:20200922220347j:image

大切なものは何か。ぼくにとっては、はっきりしていて「つくる」こと。これは生まれ持った才能だと信じている。信じることはチカラを持つ。ときにチカラは社会にとって邪魔なものになる。だからそれを抑えようとする。おまえは何者でもないと呪いをかける。信じるチカラを失うと道に迷う。道に迷うと自分の中から湧き上がることではない別のことに信じるチカラを託してしまう。

「つくる」という行為を通じて自分が作られている。未だ見たことないモノをつくりたい。なぜなら、未だ知らない自分に出会いたいから。自分をつくることは「生きる」ことに直結している。「つくる」と「生きる」は同じ道を歩いている。その道の路傍には作品が並んでいる。それは道に草が生えるように「作品=WORK」が産み落とされていく。まず先に行動がある。アクションから作品は生まれる。そうでなければならない。考えて生まれるのであれば、それは思考の中で練られた概念が産み落としたモノになる。行動の中で掴み取り、つくられるものは、空から生まれる。ぼくは、行動するなかで触れたモノを掴み、それらを組み合わせ加工する。運動がそのカタチをつくる。思想とはまた別のところに表象がある。

f:id:norioishiwata:20200922220411j:image

トウモロコシの皮と木くずを材料に紙をつくった。土器をつくり始めたときから、モノづくりで人類史をやり直してみようと思った。ぼくは自分の生活空間をつくってきた。大地を開拓し水を手に入れ、火を焚いて風呂に入っている。どうやら1万年ほど前からやり直したいらしい。それでも、電気は使っているし、インターネットも、iphoneSNSもやっているし、amazonで買い物もする。最新の音楽も聴いている。人類の歴史を俯瞰して、いいところだけ切り取り組み合わせ編集している。つまりライフスタイルをコラージュしている。ひとつひとつを検討してYES/NOを選んでいるのだから自分で作った生活がとても気持ちいい。

生活をつくった。だから、いよいよアートするために必要なモノを作り始めた。

自分の道が拓け、その前を誰も歩いていない。ほかにはその道を照らす光がない。だから自分を信じて進むことができる。そして作ったモノは、どう評価されようとも、自分たちにしか作れない唯一無二のモノなのだから、きっちりと社会に提示する。誰かが否定するなら、そこにはそう届いたのだから、また別のところへ伝え続ける。もちろん、受け入れられ誰かの心を動かし、その人生を豊かにするようなモノをつくりたい。このブログも自分の「今」という最前線の気持ちや考えを言葉にしながら、読んでくれる誰かに伝えようとしている。一番新しい自分を理解してもらおうとしている。ぼくの表現はメッセージだ。それぞれが持っている可能性や人間がいかに自由かということを自分がまず先にそれを信じる以外に道は拓けない。Do it.

f:id:norioishiwata:20200922221203j:image