「できない」も大丈夫。続ければ別のことが「できる」。

f:id:norioishiwata:20170708183110j:plain板でサーフィンはできないのか。友人から譲り受けた木材があまりにサーフボードみたいだったので、海に行ってやってみた。その木は、海に沈まなかった。できるような気もするけれど、そもそもぼくはサーフィンができない。

Facebookにこの出来事を投稿したら、源頼朝が板で波乗りをしていたという未確認情報が舞い込んできた。なにそれ。面白い。googleで検索してみると、あった。「板こ乗り」という波乗り遊びが日本にあったらしい。

そもそも日本には海水浴の文化はなく、恵みを与えてくれる海は神聖な場所で漁師以外は入らなかったという。それが明治時代になって庶民が海で遊べるようになったらしい。漁師は、和船の底敷きにしていた板を使って、陸にあがり、船を引っ張った。そのときの板が「板こ乗り」のルーツらしい。

f:id:norioishiwata:20170708183444j:plain

f:id:norioishiwata:20170708183543j:plain考えてみれば、どうして「サーフィン」なのだろうか。皆が同じような板に乗って同じような恰好をして。「板こ乗り」の投稿をみたサーフボードをつくる友人がサーフィンは波に乗れれば何でもアリなんだよ、とテーブルを逆さにして波乗りする衝撃映像を教えてくれた。

ぼくは知らないことが多いし、学ぶことが苦手で、つまり手順を踏んで何かを上達することができない。ギターも弾けないし、ピアノも弾けないし、スケートボードもできない。デッサンもやってないし、油絵もやらない。どれも等しく上達しない。けれども、どの分野も、原初は初心者のような未熟なカタチから誕生している。ぼくでも、そのカタチにリーチすることはできる。

知識や経験が積まれてくると頭で理解してやらなくなってしまう。サーフィンができたら、上達することを目指して板になんか乗らないだろうし「できる」は、失敗と隣り合わせの「できない」を恐れる。でも大丈夫。行動すれば何かが起きる。むしろ、失敗に近い方が予想以上の出来事が待っている。

f:id:norioishiwata:20170708183608j:plain今年は「板こ乗り」で海と遊ぼう。世界中のどんな場所に暮らす人でもつくれるような海と遊ぶ道具を作品にしたいと思った。道具がないからできないのではなく、その道具からつくってしまえばいい。去年はカヌーをつくったので、今年はサップをつくりたい。「できない」も継続すると能力のひとつになるから、人生何が起きるか分からない。諦めるなんて死ぬまで必要ないね。

夫婦芸術家
檻之汰鷲(おりのたわし)
http://orinotawashi.com/

ぼくたちの失敗。絵を売ること。

f:id:norioishiwata:20170706155732j:plainオークションイベントに東京半蔵門で参加した。80x80cmとA3サイズの2点を1週間展示して、欲しい人が値段をつけることができる。ぼくたち夫婦はゼロ円スタートにした。そうすれば、欲しい人が手を出せると考えた。

イベントの最終日に2日間に渡ってオークションは開催された。ぼくたち檻之汰鷲は、初日のトップバッターだった。オークションイベント自体が初めての試みで、すべてがチャレンジだった。残念なことに、ぼくたちの作品が競売されるとき、お客さんがほとんどいなかった。そんな中で始まったオークション。
オークションの司会者が
「この作品を欲しい方!」と声をあげると「7500円!」競う相手もいないので、そのまま落札された。もうひとつは、facebook経由で一万円の値段をつけてくれた人がいたので一万円スタートとなった。
「この作品を欲しい方!」と声をあげると「15000円!」
そのまま落札された。

作品はいつも5万円で売っていたので、とてもショックだった。けれども、欲しい人が安い値段でぼくらの作品を手に入れることができたのは、ラッキーなこと。複雑な気持ちになった。

f:id:norioishiwata:20170706155825j:plainオークションイベントには15組のアーティストが参加してして、最も高い値段は、ハヤシイサオのペインティング30万円と50万円。
ハヤシイサオはこう説明した。
「ぼくは命掛けで絵を描いています。この線を描けるようになるまで30年以上かかっています。岡本太郎ピカソを越えようとしました。ぼくはその岡本太郎を越えたいんです。そういう画家がいてもいい。やりたいことを全力でやる。そういうエネルギーをこの作品に込めています。みなさんが、やりたい何か、そこに踏み込めることを願っています。」
そんなメッセージだった。残念ながら入札はなかった。けれどもハヤシイサオは、この値段で買うお客さんを持っていて、この日に来れなかった。それだけだった。

ハヤシイサオは「アーティストは人生を賭けて作品をつくっているのだから、それに価値をつけて、その価値に見合う作品をつくらなければいけない。10年前に作品を売ったお客さんは、今でも毎日作品を見て楽しんでいると連絡をくれた。君の作品はゼロがひとつ足りないよ。それでいいの?」と言った。

「ぼくも命掛けでやっているよ。今回はゼロ円でやってみたかったんだ。結果には、満足していないけど。今回このイベントにハマらなかったよ。」と言うとハヤシイサオは
「本人がいいなら、何も言わないけど。俺もこのイベントにはハマらなかったな。」
ゼロ円と50万円の作家が言葉を交わし、なぜだか共感した。

ハヤシイサオは半蔵門のオークションイベントと同時に根津で個展を開催していた。気になったので足を運んだ。路地裏の小さなバーで開催されていた。そこに小さな作品が展示してあった。ハヤシイサオと話して、その生き方、考え方が好きになった。海を愛するペインティングが気持ちよかった。
いくつか気になった作品の値段を聞いてみると、端材に描いたペインティングは買えない値段ではなかった。

チフミが
「これ買う」
と言った。
ハヤシイサオは
「え?ほんとに!?」
と驚いた。

ぼくたちは、作家だけれど、ほかの人の作品を買ったことがなかった。ハヤシイサオは作家に作品を買って貰えるなんて嬉しいと感動を言葉にしてくれた。ぼくたちも何故か、オークションでの失敗が、清算された清々しい気持ちになった。

f:id:norioishiwata:20170706160058j:plain

絵を売ること。
絵を買うこと。

アートと呼ばれる複雑で理解ができないような現象も、経済活動のそとにある訳でもないし、貨幣という一定の価値基準のなかで、評価されるからこそ、その価値を伝えることができる。10万円の絵には、その理由と価値がある。作家はそれを証明しなければならない。絵との巡り合わせは一期一会の出会いでもあるし、運命や経験、人生の様々な出来事のような、心が動く瞬間でもある。

ゼロ円だったぼくら夫婦の作品は2000円でも落札できたのに7500円の値段をつけてくれたことに、10500円ではなく、15000円入札してくれたことに愛があると気がついた。ありがとう。ありがとう。涙が出た。
村上隆が本に書いているように「芸術家として起業する」ことがアートで生きていくこと。いよいよ次のステージが見えてきた。

ヨーロッパとアフリカを旅した「生きるための芸術」をぼくは今年出版して、その続編「生活芸術」を書いている。一昨日から書くことを再開した。人生の些細な出来事を記録すれば、それは物語になる。すべての人生がたった一度しなかない夢のような軌跡なのだから。


夫婦芸術家
檻之汰鷲(おりのたわし)

http://orinotawashi.com/

オークション価格0円スタートで誰もがアートを手に入れる機会を。

f:id:norioishiwata:20170630085334j:plain久しぶりに都内で作品を販売します。しかも、オークションなので0円スタートにしました。作品は人に見られて成長します。だからぜひギャラリーで実物見てください。作品の価値を決めるのは、観賞者で、観賞者の心が動いたとき、価値が生まれ作品は完成すると思うんです。ぼくたちの作品にそれができるのか試しています。

今回参加しているグループ展「THEJAPART」はユニークな方法でアート作品を買えるシステムをつくりました。電話にてオークションに参加できます。WEBにてそれぞれの作品の金額が随時更新されています。欲しいと思う金額でご参加ください。ぜひオーナーになってください。

 f:id:norioishiwata:20170630090017j:plain

f:id:norioishiwata:20170630090057j:plain

「Mr.walking」
http://thejapart.com/tawashiorino-a3/

f:id:norioishiwata:20170630090747j:plain

「朝日のあたるYeah!」
http://thejapart.com/tawashiorino/

ぼくたち夫婦の作品は材料を採取するところからスタートします。身の回りにある使われていないモノ。最近は木材、家を解体した古材を使います。築100年の蔵を解体した木材は200年前に植えらた木です。今回の新作2点は、既に200年の時を経てここに存在しています。

f:id:norioishiwata:20170630091247j:plain

f:id:norioishiwata:20170630091337j:plain

f:id:norioishiwata:20170630091426j:plain

7月1日土曜日には16時から、生きるための芸術をテーマにしたトークもやりますので、今週土曜日は半蔵門anagra に、7月2日は嫁チフミの誕生日なのでよろしく応援に来てください。ね笑

朝日のあたるYeah!

f:id:norioishiwata:20170624134346j:plain

f:id:norioishiwata:20170624134420j:plain

f:id:norioishiwata:20170624134449j:plain

f:id:norioishiwata:20170624134517j:plain

今朝
日の出を採取しに
浜へ出かけた。

たっぷり太陽のチカラを吸収した作品
「朝日のあたるYeah!」

f:id:norioishiwata:20170624135857j:plainYeah! of the rising sun
80cm × 80cm
wasted lumber, acril, mirror, sun energy

この作品は

6月27日~7月2日まで
半蔵門のANAGRAにて展示され

7月1日には

オークションされます。

16:00から檻之汰鷲のトークもやります。

応援にきてください!

■■■THE JAPART ~AUCTION EXHIBITION■■■
開催日:
EXHIBITION:2017.6.27 (Tue) ~ 2017.7.2 (Sun)
AUCTION PARTY:2017.7.1 (Sat) & 2 (Sun)
会場:ANAGRA 半蔵門ANAGRA WEB

ADDRESS:〒102-0093 東京都千代田区平河町 1-8-9

 



信じれば美しく機能する

f:id:norioishiwata:20170621092507j:plain

頭に浮かんだモノを取り出してカタチにすること。それは動くこと。カタチを取り出すには、いろんな方法がある。メモ、言葉、写真、スケッチ。ぼくは長い間、コラージュというテクニックを使ってきた。最近は、何でもよくなって、目の前にある素材を使う。いまは廃材を削って「walking」という作品に取り組んでいる。木彫だ。

f:id:norioishiwata:20170621092750j:plain

四角い木材をイメージに沿って削る。5時間続けると、ようやくカタチが現れて、そこからまたイメージを膨らませて、作業しながら、あれこれ考えて没頭して。コンセプトや想いが先走り、作品を追い詰めていく。突き詰めていくとそれ以外に選択肢がないようなイメージに到達する。唯一無二。そのイメージを何かしらの技術を駆使してカタチにする。大切なのは信じること。生まれようとしているカタチは、ぼくにしか見えないのだから。ぼくが信じなければ、存在理由は無くなってしまう。それはアートに限らず、すべての人が、信じ、信じられてこそ社会が美しく機能する。

現代アートとは「なぜそれをつくるのか」「それは何の意味があるのか」と問い詰めて、解答を浮き彫りにするゲームだと思う。そのユニークさとオリジナリティ、未だ表現されていないカタチ、そのインパクトで価値が評価される、そう思っている。勘違いかもしれないけれど。その間違いも突き抜ければ、それもまた個性になる。アート作品は、視覚芸術なので、瞬時に評価される。鑑賞者の興味を惹くことに成功すれば、細部まで、そのメッセージまで伝えることができる。

f:id:norioishiwata:20170621093252j:plain

昨日より今日の方が傑作を生み出す日に近い。今日より明日の方が、素晴らしい作品が仕上がりつつある。けれども、例えば今日は、何も進まなかった。作業はどれも中途半端で、次の手がみえない。同時に2つの作品をつくっているけど、両方とも手詰まり。そんな日もある。

信じられないけれど、もう2013年から、こうやって作品だけつくって生きている。その環境を与えられたことに感謝している。だからもっといい作品をつくりたいと思う。アート作品が人を豊かにしたり幸せにできるということを実証したい。
「walking」が完成すれば立体と平面が共演する小さな劇場のような新作が誕生する。

「walking」は先へ進む人生に捧げる作品。止まりそうになっても、仮に止まったとしても、何度でも歩き始めたらいい。毎日の小さなところへ、メッセージと共に作品を届けたい。ほんの些細なことを意識するだけで、人生は思ったよりずっと豊かにできる。そう信じている。

f:id:norioishiwata:20170621213252j:plain

 

Noと叫んだり誰かを責めるばかりではなく行動する生活を。

f:id:norioishiwata:20170617090448j:plain古い家を巡って、かつての暮らしを採取するうちに、日本という土地に続く歴史が見えてきた。江戸時代から明治時代、大正から昭和。その延長線に生きていて、かつての人々と同じように未来へ続く今をつくっている。

ぼくたちは、アメリカ人でもイギリス人でもなく日本人だということ。だけど毎日洋服を着て過ごしている。身の回りをみる限り、日本という文化の価値を信じなくなって、限りなく透明な文化になっている。

別に着物を勧めているのではなく、懐古趣味でもなく、悲観しているのでもない。ただ、消えていくモノコトを見れば、いまがどんな時代なのかが浮き彫りになってくる。

空き家という現象は「新しい」が「古い」より価値があること。消費できることが、豊かさの象徴であること。古い家に暮らすことは、貧しさを表す記号になっていた。ぼくたちは、服を着るようにあらゆるモノコトを選択して記号で自分を着飾っている。

f:id:norioishiwata:20170617090709j:plain北茨城市の老人会「くるみの会」にお邪魔して、80代から90代の話しを聞いた。92歳の方は、山菜で作ったお煮しめを振舞ってくれた。

「山に行けば、たくさんあるから、それを採ってきて、調理して、冷凍しておけばチンして食べられっから。」

お婆さんは、生きる知恵と電子レンジを組み合わせてゼロ円料理を実践していた。山菜を採ってくる人も減っているらしい。山に行けば、食べ物があるけれど、それよりはスーパーマーケットにいった方が便利だし、美味しい食べ物が並んでいることになっている。

出版した本を読んでくれたと父の友人で絵本作家の深見春夫さんがメッセージを送っくれた。子供のころ「あしにょきにょき」という絵本が好きだった。ぼくが子供だった頃の深見さんと同じほどの年齢にぼくはなった。
父親の影響でたくさんの映画やアニメを見て、マンガもたくさん読んだ。ロックやパンクやヒップポップに夢中になった。

この年齢になって気がついたのは、日本人には宗教がない。あるけれど、これもまた透明で考え方や生き方に影響を与えていない。あるのは戦後からの経済成長が作り出した「ちゃんとする」というルール。「ちゃんと勉強しなさい」「ちゃんと働きなさい」「ちゃんとした大人になりなさい」それはルールに従え「右へ倣え、前倣え」というメッセージ。

でも、ぼくには「ちゃんと」よりも重要な原典があった。アニメや漫画。小学校に上がる前から、高校生まで多感な時期をマンガやアニメで過ごした。
そこにはイケてない主人公が、夢を叶えたり、成長して悪と戦ったり、仲間に出会い助け合ったり、地球の環境を人間が悪くしていることや、戦争の愚かさを教えてくれた。放っておけば、来るべき未来はディストピアだというメッセージが描かれていた。

f:id:norioishiwata:20170617091059j:plainところが「君の正義は、社会に通用しない、それはマンガの世界だから」と「ちゃんとする」ことを強制されるようになった。10代は違和感でいっぱいだった。そんな気持ちを救ってくれたのが音楽だった。ポップスやロックの歌詞にはメッセージがあった。ぼくは、パンクやヒップポップ、レゲエから反抗の仕方を学んだ。

チフミはいつも「生きるたのめ芸術って何?」と質問してくる。はっきり分からないと言う。
「生きる」とは何か。息を吸う、歩く、見る、聞く、話す、食べる。それらのどれかが欠けたら生きていないのか。そんなことはない。死なない限り生きている。それより、どんな場所で呼吸したいのか。どんな景色を見て、どんな音を聞きたいのか。誰と話したいのか、何を食べるのか、選ぶことができる。選べるということが豊かさで、ルールはガイドラインであって、mustではない。従うのではく、自分の好きなモノコトを獲りにいけば、当たり前の日常をとても美しくハッピーな瞬間にすることができる。生きる喜びは、テレビやインターネットの中にはない。

日本人として、江戸時代から明治時代、大正から昭和。その延長線にぼくらは生きている。けれど、かつての人々と同じようにしてはならない。第二次世界大戦のあと、ドイツは、平和のために「従わない」ことを子供たちに教育したそうだ。

先日、インタビューしてくれた新聞記者さんが「細部に神は宿るんですよ!小さなことを見逃がさないことです。」と話してくれた。今日1日何を食べるのか、そんな小さな振る舞いが、社会を動かし、時代をつくっている。ぼくは今日、食べたマンゴーの種を植えてみた。

【 Yes I do 】NoよりYesより、何を「やる」のか。

先日、下北沢で本の出版イベントを開催してトークをした。空き家を巡る旅から、日本の森林のこと、最近始めた放置農園、そこで実践してみた自然農の話しに広がった。買ってきた苗を植えたエピソードのところで「野口の種を知っていますか?」と質問された。ぼくは知らなかった。

f:id:norioishiwata:20170613063422j:plainそれは「日本に普及している苗や種は、成長してできた種をもう一度植えても収穫できない」という話しだった。種を植えて育て同じように収穫できるのが特別な「野口の種」という話しだった。

ぼくは驚いた。種を蒔いて収穫する、当たり前の生命活動がなくなっているという、自然はそこまで改造されているのか、とても信じられなかったので、北茨城の農家さんに質問してみた。
「スイカを植えたんだけど、そのスイカの種を植えたら、またスイカを食べられるのかな」
「それではまともなスイカはできないよ。種を買うか、苗を買ってこなきゃ。」
「収穫したスイカの種では、育たないってこと?」
「育っても、美味しいスイカになるか分からないし、それだったら種や苗を買ってくれば、たくさん美味しいスイカができるから」
「昔からそうだったの?」
「昔はそうじゃなかったけど、今は買ってくれば綺麗で美味しいスイカがたくさんできるから、その方がいいんだよ。」
と話してくれた。

f:id:norioishiwata:20170613063609j:plain人類は「よりよい」を目指して社会という道をつくってきた。よりよく効率的に収穫するために植物の交配を繰り返し、交配した人工的な種をつくりだした。これは種の物語のイントロダクション。

物事には2つの側面がある。

自然のままの種では、効率が悪く、このままでは、増え続ける人口を満たすほどの食料を供給できない。もっと収穫を多くして、たくさんの人に届けるべく、開発を重ねてきたおかげで、現在、ぼくたちの食卓には、たくさんの野菜が並んでいる。昔からの種のままだったら生活は苦しかっただろう。しかし、逆方向から語れば、遺伝子を人工的に操作して、除草剤や殺虫剤の毒素を持った遺伝子の植物が開発され、その遺伝子組み換え食品が日常生活に普及している。

トークイベントの翌日、大好物のマンゴーを買って食べた。チフミがそれをみて「種があるよ」と気がついた。メキシコ産のマンゴーの種が、どんな状態なのか、まったく様子が分からないけど、芽が出るかもしれない。マンゴーは収穫するまで7年かかる。7年かけて育て収穫できなかったら、さぞかし残念だろうと思う。その気持ちが、野生の植物を交配させて、新たな種をつくり、人間は生き延びてきた。それは生きるための知恵でもある。叡智=wisdom. その反対はignorance=無知.

f:id:norioishiwata:20170613064514j:plain
この世の中に必要ないものは存在しないと仮定したい。美味しいスイカが安価に食卓に届けられるのは、ニーズがあるからだ。必要とされるから、それは存在する。誰も必要としなければ、それは消えていく。

YesかNoの対極に巻き込まれないで生きる。ほんとんどの場合、どちらの側にも理由がある。視点をずっと高くして、両方の立場を理解して、そのうえで行動する。キリスト教の立場があれば、イスラム教の立場がある。戦争に反対する人間がいれば、戦争に駆り立てる人間もいる。

麦を育ててみたいと思っている。麦は踏まれて強くなる。その生命力を知りたい。その麦だって野生種の交配を繰り返して栽培できるようになった。どうやって麦を育てるのか。やり方を選ぶことができる。自分の生活のなかにも対立がある。批判や否定的な気持ちに巻き込まれない、つまり「No」ではなく「Yes」。小さな生活のなかで何を選ぶのか。答えは常に何を「する」のか。「やる」「やらない」の間で思考停止するなら、動いた方がいい。やってみれば分かる。

f:id:norioishiwata:20170613064107j:plain和船をつくりたい。3年間も追い求めてきた。ついに日曜日、北茨城市で発見した。生活の中の舟は、必要とされなくなり消えてしまった。実物を見て分かった。木の舟は重過ぎる。いまだったら自分だったらどんな舟をつくるのか。ぼくは「生活をつくる」という表現をしたい。