One of these day 21

4月18日水曜日

f:id:norioishiwata:20180419205847j:plain

朝5時30に起きる。
朝日を拝む。マークと今日の計画を話す。
昨日はマークの近況をきいた。アイルランド出身で、スペインのバルセロナの倉庫を改造したスタジオで絵画やオブジェの作品をつくる。ここ数年は、アイルランドのダブリンのギャラリーエージェントと契約して順調らしい。ここプロンビンス・タウンのDNAギャラリーとよい関係をつくりながら、アメリカへの進出を計画しているらしい。マークは、信頼できる理解者を増やしながら、活動するのがいい、と話してくれた。

 

プロンビンス・タウンという場所を感じて、ここで出会うことをモチーフに作品をつくる。いい作品ができる気しかない。

 

朝食のあと、マークの案内で周辺を散歩。スタジオの裏には、キツネの森が広がって、ところどころに小さな沼が点在している。森の小径は、かつて鉄道の線路だった。プロンビンスタウンは、アメリカ大陸に最初に上陸したメイフラワー号が着いた場所だと教えてくれた。ここからアメリカの歴史がはじまっている。

f:id:norioishiwata:20180419205942j:plain 

森を抜けると、海まで砂漠が広がっている。砂漠と海と空。この景色から絵を描きはじめよう。

 

マークは、キャンバスに絵を描く。ぼくたちは、ウッドパネルに絵を描く。考えてみたら、キャンバスの方が持ち運びに適してる。キャンバスに絵を描いてみようと思う。素材はなんでもいい。都合がよければ。

 

スタジオで作品づくりの準備をしてポルトガルのサンドウィッチ屋さんでランチ。そのあとホームセンターで材料のチェック。移動用にレンタルサイクルをしようと思ったけど、1日25ドルと高い。マークが交渉してくれ、100ドルでチフミ用のマウンテン・バイクを買う。自分はマークが貸してくれたギャラリーの自転車。

 f:id:norioishiwata:20180419210031j:plain

レストランで食事すると高いので、スーパーマーケットで食材を買う。街で買い物を済ませて、帰ってきたら4時。少し休憩して、スタジオで日が暮れるまで作業する。アンチョビを買い忘れた。

 

買い物の荷物をアパートに下ろして、スタジオへ。同じ目的の友達だから、何も言わずに制作に没頭する。日が沈むまで作業する。

 

アパートに戻って食事。チフミが料理してくれる。

 

アートを作ること。そのベストな環境をつくること。それを経験している。これをArigatee でやりたい。北茨城を日本一アーティストに優しい場所にしたいと思う。

One of these day 20

朝起きたら10時だった。

11時に宿泊場所を出てoriental heights駅へ。電車を乗り継いで、5駅で長距離バスがsouthstationに着。荷物が重過ぎるので、チャイナタウンでお弁当を買ってお昼にした。

 

1時45分にボストンを出て18時ころ目的地プロンンス・タウンに到着。半島の先っぽある小さなまち。夏は観光客で賑わうらしい。バス停からDNAギャラリーまで歩く。まちの景色を楽しむ。アメリカな小さな家が並ぶ。海が見える。

国道を歩いていると後ろから、マークが自転車で現れた。2年ぶりに会う。今回滞在制作するDNAギャラリーの部屋を見せてもらい、滞在場所へ。海沿いのアパートの2階。

 

マークに再会して、どうして、ここまで来たのか理解できた。よい作品がつくれる歓喜が整っている。それがボストンのプロンビンス・タウン。

生きるための芸術
檻之汰鷲(おりのたわし)

http://orinotawashi.com/

One of these day 19

4月16日(月)
8時に起きる。今日ボストンに出発する。最近、運動をしてなかったので、ストレッチと腕立て、腹筋、ランニングをする。運動をしないと、身体が固まって弱ってくる。そうすると考え方も弱ってくる。

 

11時
板橋の家を出る。
海沿いの街、プロビデンスタウンで滞在制作するなら、海と街並みの絵がいいと思い付いて急遽、ホームセンターに材料の買い足し。

成田空港に車で向かいながら、予想もしなかった展開になってるね、と妻のチフミと話した。

成田からワシントンD.C.まで飛行機で11時間。映画を4本観た。

 

Blade runner 2049
shape of water
ghost in the shell
goodbye christpher robinson

 

SF映画を観ても未来だと思えない。ホログラムや電飾に覆われ、袋小路と高層ビル群を、高速道路が縫うように張り巡らされている都市。これは、80年代から90年代初頭の未来像で、ここから見える未来は違う。都市のなかに森があって、高速道路の代わりに川が流れていて鳥や虫が飛んでいる。都市には果物や植物の緑が溢れている。

グッバイクリストファーロビンは、熊のプーさんの作者家族の話。お父さんは、戦争を経験してこう言う。

「二度と戦争を起こしてはいけない。戦争を起こそうとする国を国際社会が一致協力して未然に防ぐ」

 

ワシントンD.C.に着いて、国内線に乗り換える。座席に座った途端に寝てしまい、目を覚ましたら、周りの人が立って荷物を手にしている。麻酔のようにあっという間に着いた。飛行機を降りて目の前の光景に驚く。見た事がある。案内カウンターにいる女性も知っている。ここはワシントンD.C.だ。カウンターの女性に聞くと、飛行機は悪天候のために飛んでなく、2時間ほど遅れて出発するので、一旦降りたらしい。びっくりした。一瞬で着いたと思っていた。

 

カウンターの女性は、まめにアナウンスしている。フライト時間の案内だけでなく、さっきは、わたしが貸したボールペン返してないひと。持ってきて。とか。

そしたら若い男の子がゴメンと渡しに来た。暫くして、カウンターの女性がまたアナウンス。ボールペンを返してくれひと。カウンターに来てください。男の子が来たら、女性は、ボールペン余ってるので、これは彼にプレゼントするわ。とマイクでアナウンス。で、拍手が起こる。飛行機は遅れたけど、みんなを和ませてるカウンターの女性。

 

フライトが4時間遅れて、23時頃にボストンに着く。宿泊場所までバスと電車を乗り継いでいった住宅街に、泊まる場所があった。泊まる場所は普通の住宅の一室。民泊だった。どんな場所でも暖かい部屋と寝れれば、快適に旅できる。扉を開けくれる家があることがありがたい。



生活芸術家
檻之汰鷲(おりのたわし)

http://orinotawashi.com/


One of these day 18

4月15日(日)

8時30分に起きる。
チフミは、ボストン行きの荷物をパッキングして、ぼくはコインランドリーに洗濯へ。待ち時間に
イサム・ノグチ庭の芸術への旅」を読む。

 

愛知県津島市イサム・ノグチの父親、詩人ヨネ・ノグチの生家があった。見捨てられたような空き家だったので、改修や手入れをしたらどうかと、市役所を通じて打診したけど、断られた。

本を読んで理由が分かった。イサム・ノグチは、父親に捨てられたと書いている。そういう理由なのか津島のヨネ・ノグチの生家は、壊されていまは存在しない。

 

庭に興味がある。自然と人間のあいだにある芸術。生け花とか茶道とか、日本画や書道。西洋の絵画とは、そのルーツが違う。日本的な芸術を求めている。ぼくは、生活の芸術こそ日本のアートの源流だと思っている。その意味で庭をテーマに作品をつくりたい。北茨城市のARIGATEEには、それができる環境がある。

 

日本人でアート活動するなら、世界で表現するなら、自分のルーツは、個性になる。さらに言うなら、日本に培われてきた芸術センスは「芸術とは何か」の問いに答えるほど根が深いと思う。

 

「考え」と「表現」がお互いを超えて、別々の方向へ飛んでいってしまうぐらいまで極めてみたいと思う。

 

午後

ボストンの滞在するプロビデンス市への行き方を調べる。空港からバスで4時間。バスステーションから徒歩で20分。面白い地形をしているので、何かあると思う。スペインで出会ったボートをつくるアーティスト、マーク・レディンが言うのだから、きっとここへ行く理由があるのだと思う。

 

バンドの新曲に歌詞を入れて送る。もう少しよくしたいと思って、何度か書き直すけど、完成しなかった。

 

ぼくは、今は生きているけど、明日はどうなるか分からない。いつだって。だから、やれることは、できるだけやっておきたい。

I'm living now, but I don't know what happen tomorrow. always everwhere. So I would like to do as possible as to do.

 

秋に日本に来る予定のアーティスト、トム・キャンベルが、ビザを取りたいというので調べてみた。芸術ビザよりも興行ビザの方が適している。音楽イベントの仕事でビザを取得が必要だっど、得意な人に任せっきりで、自分はやらないままだった。少しは経験しておけばよかった。

 

こうやって、日々の出来事を記録するのは、自分の興味や関心を確認する作業。今日は、最終的に石を削る方法を調べていた。石を削れば、野外に展示できる。考えてみれば、石を削ったり、運んだり、並べたりする行為は、人間にとってかなり原始的な表現だ。これはやりたい。気の長くなるような話だけれど。妻チフミに話したら、恐ろしいと言って先に寝てしまった。

 

寝る前にバンドの新曲の歌詞を直した。

 

爆発しそうな
今にも見える
夢だけ忘れず
持っていろ

コラージュアーティスト
檻之汰鷲(おりのたわし)

http://orinotawashi.com/

One of these days 17

4月14日(土)
愛知県の空き家改修の仕事に区切りをつけて、5時間かけて東京へ移動。

f:id:norioishiwata:20180415210413j:plain

f:id:norioishiwata:20180415210447j:plain

f:id:norioishiwata:20180415210518j:plain

 

f:id:norioishiwata:20180415210547j:plain


月曜日からボストンに行く前に、東京新宿でバンドNOINONEのリハーサル。売れているわけでも有名なわけでもなく、それでもモチベーションを保ち続けていること自体が奇跡だと思う。バンドは、いろんな理由で続かないことの方が多い。純粋に理想の音楽を追い求めてきたからこそ到達できる地点があるかもしれない。パンク、ハードコア、ヒップホップ、ニューウェーブ、ジャズ、ブルース。いろいろある。そのどれでもなく、そのどれでもあるのがNOINONEというバンド。3時間のリハーサルは、メンバーが拍手するほどの満足度で終了。好きな事がやれること。その時間があること。その仲間がいること。バンドは贅沢な遊びだ。

f:id:norioishiwata:20180415211159j:plain

KEYのヤスがKLFのTシャツを着ていた。

Kopyright

Liberation

Front!!

 

できれば、クマのままでいたかったの話

4月13日(金)

いよいよ改修の最終日。朝、まのさんとミーティング。絵本「できればくまのままでいたかったのに」の話題になる。

                 


森のおくに1匹のくまがいた。くまが冬眠しているあいだに、森に人間がたくさんやってきて、木を切り倒し、大きな工場を建てた。冬眠からさめたくまが、あまりの変わりように工場をぽかんとみていると、工場の職長がやってきて「おい、おまえ、とっとと仕事につけ」とどなられる。くまは、腰をぬかすほど驚いて「ぼくは、くまなんだけど・・・」と言っても、ききいれられず、うすぎたない、ひげもそらないなまけものにされてしまう。

 

そういえば、ぼくは、くまにのままでいたかったのだ、と思い出した。

43歳のぼくは、子供のころ、アニメや漫画、小説、絵本を読んだ。昭和50年代。高度成長期。印象に残ってる作品は、どれも地球環境の問題や、人間という生き物の愚かさ、残酷さ、戦争について、友情や自然の大切さなど。ぼくは、この物語のなかで、生きていきたい、そう思った。

 

けれども、学生時代が終わると同時に、社会で働くことを要求される。まるで、森のくまさんになる。

 

今回の空き家改修は、いろんな人の仕事を手直しして、バランスを取ることや、色を塗って仕上げることだった。夜には、第三次改修プロジェクトの完成ということで打ち上げが開かれた。プロジェクトは終わらないらしい。

 

まのさんのシェアハウスの入居希望の方と話して、一体どんな仕事をしているのか、と尋ねられた。絵も描くし、家も直すし。「ぼくは自分のやっていることすべてがアートだと思っているけど、職業としては、カテゴリーできなくて、説明が難しいんです」と答えると「では何と呼ばれたいのですか」と質問された。

 

何と呼ばれたいのか。それは考えたことがなかった。ぼくは、アートを職業にしたいと、やってきたけれど、それは没頭していたいからで、没頭しているときは、迷いも悩みもないし、怒りや憎しみや妬みも不安もない。ぼくは、子供のときに感じたままでいたいだけだ。

 

ぼくは、できればくまのままでいたいんだと気がついた。


職業は、未だに分からないけど
ぼくは生きるための芸術家。
それは
人間がより自然に生きることを目指している。

I can't identify my profession. I'm living artist. It pursue to be natural human more than modern human.the point is to live as myself. So my profession is "Norio Ishiwata" 

One of these days 16
コラージュアーティスト
檻之汰鷲(おりのたわし)

http://orinotawashi.com/

生きている手話に出会って、感情表現を知ったこと

4月12日(木)

朝7時に起きる。7時30分から、依頼主、まのさんと改修のミーティング。

金曜日までにやれることを確認。まのさんを楽しませつつ、満足してもらい、期待以上の結果を渡して帰りたいと思う。

10時、まのさんの友人たちが、改修の手伝いにくる。ひとりはろう者の女性だった。けれども、その表情、感情表現があまりに素直でチャーミングで驚いた。子供のように無邪気なお婆さんの伊藤さん。

驚いたのは手話が示す、手や動作の由来。ひとつひとつに納得させられる。目がひっくり返る手の動作は「驚き」を示す。「セレブ」は、小指を掌に立てるように載せて、リッチな顔をして、ゆっくりと両手を上へあげる。まるで成功のステップを上がるように。

「ありがとう」の手話は、お相撲さんが勝ったときにおカネを受け取る動作。100万円受け取るような気持ちでやること。

言葉が足りない分を表情と感情が補う。ぼくが言葉で済ますところを表情と感情がその代わりをする。だから、その表情と感情は、見たことがないほど豊かだった。伊藤さんの表情が輝いていて、周りが明るくなるほどだ。

伊藤さんの手話は、ご高齢の方から学んだことも取り入れていて「生きている手話」と呼ばれているそうだ。ご高齢のろう者の方は、手話を学ぶ機会もなく、身振り手振りで生きてきた。その手話は、記号的な役割よりも、表情や感情で伝えるツールだと教えてくれた。

ほんとうに驚いた。
当たり前にあることの大切さを忘れてしまうことがある。

 

ギリシャ神話には、イカロスが太陽に向かって飛んでいき、その身を焦がすエピソードがある。それは欲望だ。新たに何かを手に入れなくても、誰かと競ったり、奪ったりしなくても、いま自分が持っているものを総動員できれば、できることがたくさんある。


言葉ではなく、その想いを感情や表情で伝えれば、きっともっと周りのひとを楽しませて、明るくすることができる。当たり前ことこそ大切だ。それを知って、使い熟すことができれば、ぼくたちは、おカネに振り回されることなく、楽しく豊かに暮らすことができる。
If I can tell my emotion not only words, with gesture and face, I can illuminate around myself. "Everyone knows that" is very important thing. when we realize and master it, we can live more happy and rich without monetary economy like slavery.


歩くこと、見ること、聞くこと、話すこと。
今日という一日があること。
そのどれも、
もっと使い熟すことができると気がついた。


One of these days 15
生活芸術家
檻之汰鷲(おりのたわし)

http://orinotawashi.com