Across the boader/観客であることを止めるために。SNSを覗きたくなったら、英文を書くことにした。国境を越えて生きるために。

(日本文は下)

"I'm Japanese" .It's concept produce nationalism. they wanna be spokesman of nation. they do not afraid conflict. rather they would like to separate between us and them and discriminate.

This phenomenon prove that a nation crafty suppress and dominate people. To insist that people are excellent and examplary censor by themselves.

It's a result that spectator was produced by control of social system. Naturally people were not spectator. They live each own life by themselves. In that mean people were main charactor in thier life. The spectator cause sometimes irresponsible violence.

For example fanatic spectators watching football attack enemy team. sometimes it expand to spectators fight enemy team's fan. Although in the case of football is just sports, but If it is between nation conflict,it might expand to war.

Develop of SNS produce so many spectators. it cause anonymous violent.

It is very horrible situation. people don't help each other,rather they create enemy hate and attack. It is not sports or game.

Unfortunately Japanese social structure create this situation. Especially government launch a policy like a hate feeling to neighbor countries.

like this,It is phenomenon that people speak for a nation, and they create enemy by themselves are incited by government, people react like hystelic about hypothetical enemy. this is very dengerous situation.

"I'm a Japanese" . this is not related with feeling to attack neighbors. I think such feeling is no exist as individuals. why do we have to hate neighbors?

National border is just temporary line. Nobody want war, but dominating and controlling anonymous feeling is transforming by authority.

Important point is that nation is just address and aggregation of individuals  have expanded to no more than family, local, town, city, prefecture or state and nation. If we were only a part of nation, we can't go over the line and can't see next peaceful world.

we should realize If we identify personality by nationality or have disgust, it is very dangerous behavior. human being have repeated this error. So please stop classify personality by nationality.

Here is terrible documentary. offf course such human error is not only this in our history. Already Japanese people might be going to step on here.

https://youtu.be/SVnOGsJY5RQ

 

訳)
日本人であるという考え方が、国家を代弁する国民を生み出している。

彼らは、国家の代弁者として、国益や国境を強調する。近隣国との衝突も辞さない。むしろ、積極的に区別し、ときには差別さえする。

それは国家が国民を極度に抑えつけコントロールしている現れである。模範的かつ優秀な国民であることを主張するために自ら検閲する。

それは、観客的な視点が固定してしまった結果でもある。本来、観客などいなかった。人は、そのそれぞれの人生を生きているだけだった。その意味で、すべての人が主役だった。

観客は時に無責任な暴力を引き起こす。例えば、サッカーを観戦する熱狂的なファンは、敵チームを攻撃する。時には敵チームのファンとの争いにさえ発展する。サッカーであればスポーツだけれども、これが国家間の衝突であれば、戦争へと拡大する可能性もある。

SNSの発達は、たくさんの観客を作り出し、それが無責任な感情として爆発させてしまう。それはとても恐ろしいこと。国民同士が助け合うのではなく、敵を作り出し、憎み、攻撃する。これはスポーツでもゲームでもない。

残念ながら、日本の社会構造がこれを生み出している。特に政府は、近隣国への憎しみを増長させるような政策を打ち出している。

このように国家を代弁する国民が表出する現象、国民が自ら、率先して国家を代弁して、敵をつくることが、あたかも国民が望んでいるかのように誘導され、国民がヒステリックにアレルギーのように反応してしまうことは、ほんとうに危険な状況だ。

日本人であることと、近隣国を攻撃する感情は関係ない。そんな感情は、個人レベルでは存在しない。どうしてわたしたちが隣人を嫌悪する理由があるのか。国境は単なる便宜的な境界線でしかない。誰も争いを望んでいないはずなのに、支配、コントロールされた匿名の感情が、日本を変質させている。

大切なことは、国とはアドレスに過ぎないということだ。大切なことは、個人の集合体が、家族、地域、町、県や都市、国というように拡大していくだけで、ぼくたち自身が国家の一部になってしまえば、次の平和的な世界に踏み出すことができない。

もし国で人間性を判断したり、嫌悪を持っているなら、それが危険な振る舞いだと気がついて欲しい。人間は、ずっとこの誤ちを繰り返してきたのだから。どうか、国で人間を分類することをやめて欲しい。

ここに恐ろしい虐殺のドキュメントがある。もう日本人も、この映像が訴える危険に足を踏み入れているかもしれない。

https://youtu.be/XqSxVedhnAg