ココニアルという理想。

f:id:norioishiwata:20190305194253j:image

ずっと生活と芸術の一致を目指してきて、北茨城市で改修してきたARIGATEEで、ひとつの理想を描けた。それを「ココニアル」と名付けた。

地方や田舎には「何もない」と言われるけれど、ここには、草や木、水、土、などの自然がある。何もないどころか生きるために必要なすべてがある。

このARIGATEEという場所にある「ココニアル」ものを最大限に活用したとき、何を表現できるのか。何かを買ってくるのではなく環境のなかに利用価値を見出すこと。

f:id:norioishiwata:20190305194243j:image

「ココニアル」とは、コロニアル(植民地)の変種。コロニアル(植民地)が、国外に人が移り住み、本国政府の支配下にある領土のことなのに対して、ココニアルとは、あらゆる境界線を無くし、ここにある者と物が協同する理想郷を出現させる。

f:id:norioishiwata:20190305194237j:image

f:id:norioishiwata:20190305194247j:image
f:id:norioishiwata:20190305194305j:image
f:id:norioishiwata:20190305194310j:image
f:id:norioishiwata:20190305194300j:image

桃源郷芸術祭2019出現した

「ココニアル」

https://www.tougenkyo-art-fes.jp