それでも夏はやってくる。ワクワクして寝れない子供たち。

f:id:norioishiwata:20170819071024j:plain

f:id:norioishiwata:20170819071120j:plain

f:id:norioishiwata:20170819071214j:plain

f:id:norioishiwata:20170819071322j:plain

海水浴場にペットボトルのSUPを持っていき、ライフセイバーさんと海水浴場を開いている市の担当者に相談すると、手作りSUPの試乗会を11日、12日、13日の連休でやってくれることになった。小学生以上を対象に開催され、述べ30人ほどが体験してくれた。


「ぼくは子供なので、なかなか海の上に行けないんですよ、貴重な体験です。」

「え、ペットボトルでつくったの? スゲー!乗りたい!」

「怖い!怖いよ!動かないで!」

「最初は難しいと思ったけど、すぐに乗れるようになったよ。」

いろんな反応があった。

ライフセイバーさんのレスキューボートで波を越えてやってきて「海には絶対落ちれない」という子がいた。話しを聞くと、目が見えないという。すごい勇気だと思った。

彼は

「これが海の上か!怖え!めっちゃ怖え!」と叫んだ。
それでも楽しんでいる様子だった。無事にSUPに乗り移ったあと


「めっちゃ揺れる!波揺れる!怖え!」と騒いだけれど
ジェットコースターを楽しむようだった。


子供たちは、ものすごいチャレンジをしているのだと思う。瞬間という瞬間を楽しみ、瞬間毎に新しい発見をして。夏休みに遊びに来た甥っ子は、毎日が楽しみ過ぎて、朝5時には起きる。ワクワクして、寝ていられないらしい。

その熱狂に比べたら、まだまだやれると思う。「大人になりさない」とか「大人なんだから」という文句があるけれど「子供を見習いなさい」とか「子供の気持ちで考えてごらん」とは言わない。子供の気持ちになれば、SUPに帆を張ってヨットにもできるだろうし、英語だって話せるようになるだろうし、世界一周だってできるだろう。まだまだやれる。