読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYイノベーションにより開発した「トレスパシオ(特許出願中)」という軸組み木造建築の後付け補強技術について

古家採取活生計画

f:id:norioishiwata:20160108202044j:plain

トレスパシオ・フレームウォール工法(Trespacio Frame Wall 工法)(特許出願中)は、ツーバイフォー材を使った新しいフレームウォール工法で、軸組木造住宅が完全に倒壊することを防止することを優先して住人の命を守ることに着目し、木質の専用補強構造体を後施工で設置する工法です。つまり、地震で家は揺れても逃げる余地を残すというサバイバル的な対策を可能にすることが期待される工法です。
この技術が必要とされるのは、旧耐震の軸組木造住宅です。

f:id:norioishiwata:20160108202306j:plain

古い軸組木造住宅は、謂わば、高齢者と同様に、自然の摂理に適った介護(メンテナンス)が必要です。老人に外科手術を施術してアスリートの屈強な足腰を持たせることは自然の摂理に適っていないように、旧耐震の古い軸組木造住宅を地震で揺れないようにすることは自然の摂理に適っていません。必要なことは新しい延命手段(メンテナンス手段)です。
トレスパシオ・フレームウォール工法では、地震で揺れはしますが、完全に倒壊することを防ぐことに注目して、DIYでミニマリスト的な対策を可能にすることを目指しています。
この工法の開発により、居住空間に対する考え方や、空き家活用方法についてより議論を深める契機になることを願い、この工法を広くシェアし、オープンソース的な発想で、改良を加えながらより良いものへと発展させたいと考えています。
お問い合わせは
norioishiwata@gmail.com